img_Invaders

NICIGAS RECRUTING WEBSITE

マイナビ2019 詳しくはこちら

MESSAGE

「会社が何をしてくれるか」よりも、「社会に対して何ができるか」を考えよう。

これから社会人となる皆様に、まず申し上げたいのは、「会社に依存してはいけない」ということです。そして、「会社のために」ではなく、1人の人間として何が出来るか、何をするのかを、大事にしていただきたい。
仕事とは、世の中にどう役立つか、ということです。お客様の満足を大切にし、それが社会のためにもなっている時に、人は仕事に充実感を持つことができます。

エネルギー業界は、これから大きな変革期を迎え、異業種も参入し、激しい競争の時代を迎えます。

それは、ニチガスとそこで働く社員にとって、大きなチャンスではありますが、簡単に競争を勝ち抜くことができるようなことでもありません。
これまでの常識や価値観が通用しなくなるケースも、多くなるでしょう。
そんな時に、1人の人間として、仕事の本質を徹底的に考え抜き、行動すればより良い道が拓けると思います。

そういう方と、ニチガスは共に働きたいと思い、大きなステージを用意できれば、と考えています。

INFORMATION

その他、弊社のことについてさらに詳しくお知らせします。

  • キャリアプラン
  • 福利厚生
  • 募集要項

BACK TO HOME

高橋友世 第一東京営業所 お客様に近い立場で関わることができるのが魅力です。interview 01

人の日常に関わるもの、身のまわりを支えるような仕事をしたいと思ったのがニチガスに興味を持ったきっかけです。先輩社員がみなさん気さくで話しやすく、雰囲気が自分に合っていると感じたのが決め手でした。特に内定者懇親会で女性の営業の方にお会いできたのが大きかったですね。とにかくパワフルで、「自分もこんなふうに活躍してみたい!」と憧れの気持ちを抱きました。

現在の仕事は、都市ガスの営業をメインに行っています。新規営業だけでなく、ガス器具の修理依頼にも対応します。困っているお客様がいれば、エリアを担当する社員が一貫して、販売でも保安でも対応いたしますので、一種の生活全般を支える相談役のような存在です。
2017年4月から都市ガスの自由化が始まり、私たちにとっては事業拡大のチャンスとなりました。それに伴い、商店街などで展示会イベントに参加し、ニチガスをアピールもしています。ガス切り替えのメリットやニチガスのことを少しでも多くのお客様に知っていただけるように頑張っています。CMの効果もあり、「あのCMのニチガスね。聞いたことある!」と答えてくださる方が多くなりました。

ある日、ガスコンロ買い替え希望のお客様から、チラシを見てお問合せが入りました。そのお客様はご年配の男性で、さっそくご自宅を訪問。生活スタイルなどをヒアリングした上で、シンプルで使いやすいタイプのガスコンロをご提案し、その場で購入を決断いただくことができました。その後、工事も無事終わり、集金にお伺いした際、「『いい値段でいいものが買えた』って奥さんが喜んでくれたよ。」とお褒めの言葉をいただけました。さらに、「ガスもニチガスさんに変えるよ」と言ってくださったのです。実は最初の訪問の時に、都市ガスの切り替えもご提案したのですが、そのときはお断りされてしまいました。自分の対応を評価していただけたんだと実感でき、その時はとてもうれしかったです。

今後は、よりお客様に信頼される営業になることが目標です。また、女性営業はまだまだ少ないので、後輩に目標にしてもらえるような存在になれたらと思っています。

私は環境学部出身なのですが、就職活動をはじめた当初は、自分が何をやりたいのか全然わかりませんでした。飲食、スーパー、自動車など、選考を受ける企業もバラバラ。そこで一度リセットしようと、紙に自分が興味のあるものを書いて、それに対して「なぜ?」という質問を自分自身に繰り返し行いました。その結果、インフラ関係という明確な方向性を見つけることができました。まずはきちんと、自分を見つめなおす時間をつくることが大切ではないかと思います。
ニチガスは成長できる環境があります。社会人になって、より成長していきたい、挑戦していきたい!という方がいましたら、ぜひ一緒に頑張っていきたいですね。

山田裕太郎 西関東支店八王子営業所 自分を成長させたいと思うなら、仕事を任せてくれるので、おススメです。interview 02

ニチガスに入社して、感じたことがあります。それは、「戦う集団」であるということです。ニチガスに就職を決めたのは、エネルギー業界に興味があったことがきっかけです。競争社会であることや、お客様の生活をトータルにサポートできる点に興味を持ちました。また、「都市ガスの自由化」という新しいフィールドで、先々楽しそうな仕事ができそうだなと感じたのも理由の一つです。

私の仕事はガスの新規開拓営業と既にお取引いただいているお客様のフォローです。
入社1年目は業務を覚えるのに必死でしたが、2年目からは業績を意識するようになり、新規の飛び込み営業にも力を入れ始めました。
私が仕事をする中でいちばんやりがいを感じる場面は、新規にお客様を獲得できた時です。契約して頂ければニチガスのお客様が一人増えることにつながりますので、とても嬉しく感じます。

新規営業の一方では、既存のお客様との関係づくりも大切にしています。
私は勤務地の八王子の高校出身ということもあり、地元の話題から始めることも多いです。また、大学まで野球を続けていたのですが、お客様の中には当時我々の試合の応援に来られたという方もいらっしゃいました。「ああ、ずっとつながっているんだな」と感じ、嬉しく思うこともあります。

自分の中での営業のテーマは「誰よりもお客様の前に立つ」ということです。お客様によって、話す内容やコミュニケーションの仕方は自ずと変わってきます。そのため、一人でも多くのお客様の前に立つことで、お客様が今何を考えているか、何を欲しているかを自然と感じ取れる力がついたのではないかと感じています。

これからの目標としては、若い内から結果を残せば評価をしてもらえる会社なので、とにかく上を目指して動きたいと思っています。まずは所長になること。頑張りをきちんと評価してもらえるので、目標が持ちやすい会社だと思います。

今、就職活動をされている方の中には、やりたい事が決まっていないという方も大勢いると思います。就職活動を始めた当初は、私自身もそうでした。しかし会社説明会に参加し、社員の方々の話を聞いてニチガスに魅かれていきました。戦う集団であることや、ガス業界という競争の絶えないフィールドであるという点に興味を抱きました。「戦う集団」というと怖いイメージを持つかもしれませんがそんなことはありません。入社してから私自身数多くの失敗を経験し、先輩方にもたくさんご指導いただき、その度に先輩方がフォローしてくれ、また助けてもくれました。先輩方とはプライベートでも仲良く、野球をしたりと、とても充実した毎日を送らせてもらっています。

ニチガスに入社して「当たり前のことを当たり前に行う」ことの大変さを、実感しています。お客様との約束に遅刻したり、ガス欠をおこすなどということは、もちろんあってはなりません。お客様にとっての当たり前を、私達社員が当たり前にこなし、喜んでいただく。お客様に笑っていただけると自分も嬉しくなり、また頑張ろうと思えます。

お客様やニチガスの先輩方、あらゆる方々とのつながりを大切に、感謝の気持ちを忘れずに、今後も頑張っていきたいです。

飯田和幸 保安点検センター 資格取得のサポートがあり、ガスに関わる専門性を高められます。

若手のうちからいろいろと提案することができる。interview 03

ニチガスへの入社の決め手は、新たなサービスの導入など、失敗を恐れずにチャレンジをしている姿勢に惹かれたからです。また就職活動の軸である「頑張りを評価してくれる会社」という点にも合致したことで、この会社でなら、自分が成長できる環境があると感じました。

現在、私は技術職として保安点検業務を担当しています。法令で4年に1度、ガス機器・設備の点検をしなければならないと決められていますので、その期日が来たお客様のお宅へ訪問し、定期点検をしています。その他、新規の契約時にも訪問し、機器の異常やガス漏れの有無を確認し、機器の不適合があれば交換をご提案すると共に、安全なガスのご利用方法について周知します。

基本的には、現在ニチガスを使用している既存のお客様のお宅へご訪問し、点検を行っていますので、4年ぶりにニチガス社員に会うお客様もいらっしゃいます。そのため、会社の顔であると自覚し、お客様目線に立った対応を心掛けています。冒頭で「失敗を恐れずにチャレンジする姿勢」といいましたが、この保安点検業務に関しては、失敗が許されません。点検することでガス事故を未然に防ぐ役割を担っています。お客様に安心・安全をお届けするという責任感が伴う仕事ですので、常に緊張感を持って丁寧に対応するようにしています。点検が終わり、お客様から「ありがとう」という言葉をかけられる機会がたくさんあるのですが、その時はやはり嬉しいです。

私は、学生時代サッカー部でキーパーをつとめていました。ニチガスの守備の要として、お客様に安心安全を届ける今の仕事に通じるものがあると感じています。 技術職というと、理系出身じゃなきゃいけないのではないか、ガスの知識が全くないと難しいのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。もちろん理系の知識があるに越したことはないですが、文系出身者もたくさん活躍していますので、安心してください。

現在の目標は、資格の取得です。保安点検の調査員には様々な関連資格があるので、難度の高い資格にもどんどん挑戦していこうと考えています。社内に講習や模擬試験等のサポート体制が整っているので励みになります。 また、技術職も目標を持って仕事に取り組める環境があります。インセンティブ制度がありますので、モチベーション高く仕事に励むことが出来るところも魅力の一つです。今後経験をどんどん重ねていき、「保安のスペシャリスト」といわれるような存在になりたいです。

喜多村尚美 総務部総務課 いろんなことをやらせてもらえる。女性だからっていう差別感は無いです。interview 04

ニチガスは、若手でも活躍できる環境があると感じています。1年目から責任ある仕事を任せてもらえます。私は最初、人事部に配属になり、新卒採用業務を担当しました。初めは電話対応ひとつとっても分からないことばかりでしたが、先輩方に親身になって教えていただき、入社後間もない時点で会社説明会の運営、面接、内定者管理、入社準備、あるいは採用パンフレットの作成など、結構色んな業務を経験させていただけました。若手のうちから、様々な経験を積めるのは、この会社の良いところだと思います。
現在は総務部に所属し、主に秘書業務や発注業務等を担当しています。会社のロゴがリニューアルしたこともあり、会社全体で、社用車やHP、看板など様々なものをリニューアルしています。その中で私は、グループ全体の制服をリニューアル運用したり、新しい制服着用アイテムの作製なども担当しています。何度も打合せを重ね、ひとつのものを形にできた時は達成感とやりがいを感じます。
総務部では、社内イベントや取引先の方々をお招きする会の運営などもあり、社内外を問わず様々な方と接する機会が多い部署です。突発的な事案も多いので、丁寧な対応を心がけるとともに、改めて接遇や基本的なマナーを学んでいます。今後も、より一層知識や経験を深めるべく、日々勉強していきます。

最近は、産休を取る方や復帰後に時短勤務をする方が増えたと思います。在宅勤務の試験導入なども始まり、女性としての働き方もより良く変化しつつあると感じています。そういった面でも、変化を惜しまない会社です。
新しくできたリフレッシュ休暇制度では、私も長期休暇を取り、海外旅行に行ってきました。社会人になってからは、長期でまとまった休暇を取ることは少なくなるので、この制度はとても嬉しいですね。休暇後は、気持ちも新たに一層業務に邁進できるようになる良い制度だと実感しました。

また、資格取得にも全面的にサポートしてくれます。聞き慣れない業界用語や苦手な理系の内容で最初は戸惑いましたが、講習会や合宿勉強会でポイントをわかりやすく学べるので、文系の私でも乙種ガス主任技術者の資格を取得することができました。そういった手厚いサポートも魅力のひとつだと思います。

就職活動は、とても大変ですが、自分を見つめ直す良い機会だと思います。どのような出会いが今後につながるか分からないですし、様々な企業の方とお会いできるのは又と無い機会です。今後の自分の働く姿を想像しながら、様々な企業に足を運んでみるのも良い経験になると思います。私は事務職を目指して色んな業界を見ていました。その中でも、生活に欠かせないエネルギー業界で、常に挑戦し続けるニチガスの姿勢に刺激を受けました。また、説明会や選考の過程で、気さくな社員の人柄にも魅力を感じ、この会社に入社したいと思いました。

根本忠哉 総合エネルギー事業部 ニチガスの良さは、結果を出せば若くても上を目指せるというところです。interview 05

私は、もともと理工学部で電気系を専攻していたこともあり、エネルギー業界に興味を持っていました。私の就職活動時期にエネルギーの自由化の話が出始め、あえてガス業界に飛び込んでみたいと思いました。特に法人営業に興味があり、ガスや電気などの総合的なエネルギーの提案およびそのエネルギーを使用する設備提案をしてみたい、そう思ってニチガスに入社しました。

現在所属している総合エネルギー事業部 TEDグループでは、主に工業用の新規顧客の開拓や既存顧客への設備提案を行っています。空調機、ボイラーやコジェネの省エネ設備提案を行ったり、油燃料を使っているお客様にガスへの切り替えをご提案しています。いかに省エネ、省コスト、環境負荷の低減を実現できるかを考え、それぞれのお客様に合ったご提案をしています。

営業するときに心がけていることは、聞き上手になることです。お客様に一方的にご提案するのではなく、お客様のご要望を第一に考えています。ご要望をすべて引出し、お客様自身も気付いていない潜在ニーズや+αの付加価値サービスをご提案するようにしています。

もちろん、ご成約をいただけた時は嬉しいですが、実際に使って頂いたお客様から満足を得られた時は、この仕事のやりがいを感じますね。当社のユーザーになって省エネ設備を導入して頂くだけでなく、定期的に実績検証を行いメリットが出たかをお客様と確認をし議論することも楽しさの一つです。長くお客様とお付き合いしていく為に、アフターフォローもしっかり行っていくことも重要です。最終的には、人と人との付き合いだと思うんです。時には、お客様から「根本さんが担当者でないと困る」と言って頂き、信頼関係の深さを再認識でき、それこそ営業の醍醐味を満喫しています。

実は、入社後すぐに、グループ会社の東日本ガスへ出向をしていて、ちょうど昨年、ニチガスへ戻ってきました。現在エネルギーの自由化に向け、一層グループ間の協力体制が必要となっています。出向先の東日本ガスでは、都市ガスの工業用および業務用のお客様を主体に担当してきたのですが、今扱っているのはLPガスがメインです。関東一円が営業範囲ではあるのですが、遠方のお客様が多く、移動距離が長いので、会社にいないことが多いんです。現在課長職として部下もおりますので、皆と顔を合わせることが少ない分、電話連絡や月初の会議で情報共有を行っています。

今後の目標は、お客様の喜びの声をより多く聞くこと、新規のお客様を増やしていくことです。ひいては会社の業績UPが私の使命だと思っています。

ニチガスの良さは、結果を出せば若くても上を目指せるというところです。チャレンジ精神旺盛で、自分で物事をこうしたいという人と一緒に働きたいですね。文系でもやる気があればできる仕事ですので、理系の知識がなくても心配はいりません。自分のファンを増やし、みんなでニチガスファンを増やしていきませんか?
就職活動では、自分のやりたいことを見つけて貫き通してください。何事もチャレンジ精神を持ってやれば、楽しいと思います。

鶴丸裕人 エネルギー管理部 事業戦略課 お客様に安心・安全をお届けする、責任感が伴う仕事です。interview 06

就職活動当時、エネルギー業界に興味を持っていたのですが、その中でニチガスの会社説明会があることを知り、参加したのがきっかけです。会社説明会の時に、現場の営業社員から東日本大震災の話を聞く機会がありました。お客様第一に「安心・安全」をお届けする、その姿勢や姿が「かっこいい」と感じ、私自身も、人々の生活を現場の社員として支えたいと感じるようになりました。入社前は街のガス屋さんといったイメージがありましたが、入社してみるとガスだけではなく、様々な面で、お客様の生活を支えていることを実感しました。

入社後、一貫して保安面を担当する部署にいます。最初は、営業所からの保安に関する相談にのったり、役所への提出書類の作成をしていました。時には、ガス工事現場で、工事業者の方と一緒に道路に穴を掘ったりもしていました。現場に行き、外にいることも多かったです。今思えば、現場はある意味サバイバルだったなと思います。夜間、ガス漏れ現場に出動することや、火災現場に立ち会うこともありました。いつ何が起こるか分からないということの連続で、初めは想像以上で驚きましたが、様々な経験を通じてお客様の生活を支えているのだという使命感を強く持つようになりました。

現場に約4年いた後、2017年4月から、現在の事業戦略課に異動になりました。同時に主任に昇格したため、気持ちを新たに働いております。現在は、都市ガス自由化にともない、都市ガス各社との窓口として、託送に関わる申込みや管理等の業務を主に行っています。社外の役職者の方と仕事をすることも多いので、マナーには気を付けています。

保安の部署では、資格は重要です。ガスに関する資格は様々あるのですが、自分の役に立つと思うものは、難易度の高いものでも積極的に挑戦してきました。会社としても、ガスの国家資格の講習会を開催するなど、資格取得に対してのサポート体制が整っています。現在は、私自身も、講習会の講師として社員に教えています。今後もどんどんガスに関する専門性を磨いていきたいです。

学生のうちにやりたいことをやってください。そして就職活動においては、なんとなく会社説明会に参加するのではなく、積極的に質問するなどして会社への理解を深めることを大切にしてください。自分の足を使って、様々な社員の方の話を聞き、実際に働くイメージを持つことが大事だと思います。

元気でタフな方がニチガスには合うと思います。新入社員が入ると現場の雰囲気も明るくなりますし、いい刺激になります。安全を守るという責任感が伴う仕事ですので、より誇りを持って仕事をしたいという方には、やりがいのある仕事だと思います。