Loading...

ニチバス

ニチガス
ニチバス 箱根神社参拝と大湧谷伊豆周遊の旅 -ニチガス府中営業所主催- この日のコースは、府中駅の近くに集合し、中央高速、圏央道、東名高速を経て箱根の大湧谷へ、箱根神社へ。そして十国峠で昼食に舌鼓を打ち、柿田川湧水群、ジャンボひものセンターへ。見どころも、食べどころも、おみやげもたっぷりの楽しい一日を、ぜひ、このサイトで体験してみてください。
国立公園 箱根大涌谷
HAKONE - OWAKUDANI

SPOT01 国立公園 箱根大涌谷(10:45)

最初に訪れたのは、火山ガスが噴き出る大湧谷。今日は、ガスもちょっと多めでしたけど、硫黄のニオイもたちこめる中、上までエッチラオッチラ登った人も大勢いらっしゃいました。街を離れて、一気に旅行気分が盛り上がります。名物は何といっても「黒たまご」。温泉を利用してゆでると殻が黒くなって、1個食べると「7年寿命が延びる」といわれています。みんなでワイワイ食べるのも、なかなかの楽しみで、また来たいの声も多数です。

やっぱり黒たまご、食べないと。

2月なのでまだ寒いだろうと思いきや、なかなかの暖かさで、まさに旅行日和。富士山がたま〜にしか顔を出さないのは少し残念でしたけど、雄大な自然はやはりいい気持ちです。大湧谷は標高1,050mで、バスが停まるところから「玉子茶屋」まで400mほど、少しハイキング気分で登って行くのが、観光コース。ご参加の皆さまの多くが頑張り、中にはかなりご年配の方もいらっしゃったのに、お元気で、楽しそうで、笑顔にあふれたひとときでした。

  1. このお2人は、長〜いお付き合いかと思いきや、今日のバス旅行でたまたま席が隣同士だったとのことで、初対面ですって。そんな楽しさも、バス旅行ならではですよね。とっても仲良く黒たまごをほおばっていらっしゃいました。
  2. 大涌谷 黒たまご館 ゆ〜らんど
大湧谷 くろたまご館 ゆ〜らんど 8:00〜17:00(季節により変動)
玉子茶屋 9:00〜16:30(季節により変動)
http://www.owakudani.com/
関東総鎮守 箱根神社
HAKONE - JINJA

SPOT02 関東総鎮守 箱根神社(11:45)

間近に芦ノ湖を臨む景色の良いところにある箱根神社へ。ここは関東総鎮守として敬われてきた、2400年の歴史を持つ由緒ある社ですし、箱根を訪れた際にはぜひとも一度は訪れておきたい名所です。交通安全、心願成就、開運厄除にご利益があるそうで、御本殿までお参りされた皆さんは、二拝二拍手一拝の作法で、その時だけは、ちょっと神妙にお祈りなさっていらっしゃいました。ご本殿だけでなく、矢立の杉なども、おススメです。

気分スッキリのパワースポットへ。

こちらの神社では、皆さん、とても良い「気」を感じられたようで、お顔も、行動も、生き生きとなさっていました。さすがのパワースポットでございます。箱根というだけでも山の中で、きっとマイナスイオンがあふれているのに、由緒正しい神社ですからね。木の伸び方も美しく、空気も美味しく、心が洗われるとはこのことでしょう。でも、そこはバス旅行ですから、笑顔とおしゃべりの連続で、誰もがワイワイ楽しそう。2度3度と訪れる方が多いのも、うなずける場所でした。

  1. もうすぐ○○才になるのに(お歳は内緒)、こんなに階段登っちゃったわよと、箱根神社ではじめてのお参りを。「芦ノ湖にはときどき来るし、神社があるのは知っていたけど、来て良かった」と楽しそうでした。おみくじは、どうでしたでしょうか?
  2. 箱根神社の矢立のスギ
箱根神社公式ホームページ http://hakonejinja.or.jp
箱根神社「社務日誌から」 http://blog.goo.ne.jp/hakone-jinja
レストラン 十国峠
HAKONE - JINJA

SPOT03 レストラン 十国峠(12:40)

箱根をクルマで訪れたことのあるなら、この峠を通った方も多いはず。
標高774m。名前の由来は、伊豆、相模、駿河、遠江、甲斐、信濃、武蔵、安房、上総、下総の10の国が展望できるからだそうです。その名の通り、とても見晴らしの良い場所にあるので、ドライブの休憩場所としてもってこいなんですね。
レストハウスには名産品やおみやげもいっぱい。2階には山頂まで行けるケーブルカーの駅もあって、旅が満喫できます。

さらに良い景色のレストハウスで、ランチ。

この旅の昼食は、ここ、十国峠レストハウスで。みんなでいただくご飯は、これまた楽しくて、あれこれとお箸を伸ばしながら、いただきました。おかずもそれぞれ良い味で、十国汁(しょうゆ風味のすまし汁)もおいしかったですよ。お腹いっぱいになったお隣の方から、デザートのロールケーキをいただいて、さらに満足。売店や、レストハウス前に出店のようになっていたおみやげ屋さんでも、あれこれ買っちゃいました。そういえば、みんなで旅の記念に、全員で撮影しました。

  1. 今回のバス旅行の主催者側スタッフとして同行した、ニチガスの西関東支店府中の小池所長。いつもと違う業務ですが、ご参加の方々を盛り上げたり、バスガイドさんや運転手さんと共に裏方として、頑張りました。休憩前に、十国峠でパチリ。
  2. 箱根 十国峠ケーブルカー
十国峠レストハウス 10:30~16:00
お食事 11:00~15:30(季節により変動) 売店 8:30~17:00
http://www.izuhakone.co.jp/jukkoku-rest/
柿田川公園 柿田川湧水群
IZU - KAKITATGAWAYUSIGUN

SPOT04 柿田川公園 柿田川湧水群(14:30)

柿田川公園の「わき間」からは、1日に100万トンもの水が湧いています。その水は名水百選にも選ばれたほどで、日本三大清流の柿田川から、狩野川へと合流しています。元はと言えば、富士山の雨水や雪融け水が三島溶岩流にしみこんで、その先端部から湧き出たものだそうです。とても透明で、美しかったです。公園内には「わき間」が数10ヵ所あって、多くの人々が訪れるだけでなく、公園として人々の憩いの場となっています。

すごく透き通った水の美しさに、びっくり。

柿田川公園は自然がいっぱいですが、ただの公園ではないので2つの展望台があり、湧き水を観察できます。バスの駐車場から散策して着いたその先で、皆さん水の美しさと水量に圧倒され、しばらく飽きずに眺めていらっしゃいました。第一展望台には、ボランティアの方でしょうか、湧き水について解説してくださる方がいて、とても分かりやすく楽しめました。今日はお休みでしたが、園内のお蕎麦屋さんも、次に来た時に食べたい佇まいでした。いよいよ旅も、残りわずかです。

  1. 「50年ほど前にここら辺に住んでて、魚とかも採ってた。この前に道は路面電車が走ってたな」と懐かしがっていた方は、奥様を伴ってのご参加。お2人で「ちょっとした観光地は、ほとんど行ったと」と、結婚53年目のご夫婦でした。
  2. 河津桜
沼津名産 日本一のひもの処 ジャンボひものセンター
IZU - KAKITATGAWAYUSIGUN

SPOT05 ふるさとの名産品が勢揃い ジャンボひものセンター(15:20)

場所は、東名沼津インターのすぐそば。沼津と言えば「ひもの」と言われるほど、定評がありますからね。アジをはじめ、金目鯛、かますを中心に、ひものはもちろん、お茶も、わさび漬も、しらすも、オリジナル銘菓も、名産品をいろいろと揃えています。魚介類などの串焼きコーナーや、地場名産のフルーツ直売所などもあって、休んで良し、おみやげショッピングに良し。箱根、伊豆の旅の最後を締めくくるのに最高のスポットです。

おみやげ選びも、いよいよ大詰め。

いよいよ最後のお買い物だからでしょうか、皆さん旅の疲れをものともせず、頑張っておみやげを選ぶのに、センター内を行ったり来たり。ここは「本館」と「味の一番館」があって、よりどりみどりですし、その場で食をいろいろ楽しめたりするので、つい張り切ってしまいますね。「あっちのが美味しそうだった」と、みんなで情報交換しあったり、「ひものはやっぱりアジよね」「あら、かますもいいわよ」と盛り上がったり。おトクで楽しいバスの旅を、満喫した一日でした。

  1. 三鷹から、なんと10人でご参加の皆さん。お付き合いは婦人会がベースで、長い方で50年近くになるそうで、芝居や食事もご一緒だとか。バス旅行も何回も参加して、府中で降りてからみ〜んな同じ地域に帰る、仲良しグループでした。
  2. 串焼きコーナー
ジャンボひものセンター 9:00〜17:00
静岡県沼津市岡宮1302-2